リフォームで手に入れるオリジナルの住まい

中古マンションを購入して自分好みにリフォームするという方法は、新築の物件を購入するよりも費用を抑えられたり、アレンジ度が高かったりという理由もあって、近年では大いに注目を集めています。購入時のままで問題ない部分に関しては、そのまま使用することで費用を抑えられます。また古い建材など、一見マイナスに感じられてしまいそうな部分も、ちょっとした工夫を加えることで新鮮な印象を持つ魅力的な空間に変身します。このような一部分のリフォームはもちろん、フルリノベーションによって、間取りやインテリアなどを完全に一新することも可能です。自由度の高さとお金の掛けどころを選べるという点が、中古マンション購入とリフォームを組み合わせた住まい探しの大きな魅力です。

中古マンションは、新築マンションに比べて物件数が豊富です。そのため希望のエリアが限られている場合には、中古マンションを視野に入れた物件探しのほうが、その他の希望条件を満たしやすくなります。物件自体は新築よりも安く購入できるケースがほとんどですので、浮いた費用をリフォームや家具購入などに回すことができます。リフォームを行う場合にはまず、リビングや水回りなど、絶対にリフォームしたい部分はどこなのか、優先順位を決めていきます。予算と相談しつつ、メリハリのあるリフォームを考え、自分たちだけのオリジナルの住まいを作り上げていきましょう。

中古マンションを購入すると、物件によっては新築の物件と同じように、さまざまな優遇制度を受けることができます。住宅ローン控除や各種税金の軽減措置、贈与税非課税制度などがそれに当てはまります。加えて、耐震適合証明やリフォーム工事の内容次第では、補助金制度を利用できます。補助金を利用すれば、リフォームの負担を軽減できるようになります。このような軽減措置や各種制度は、居住地域や時期によって異なる場合があるため、事前に自治体やリフォームの専門家に問い合わせておくと安心です。