新築と中古マンション、どちらを選ぶ?

新築マンション購入のメリットは、ある意味、入手する行為自体による達成感かもしれません。設備も建物自体も新しく、だれの手も経ていない自分だけの物件という点で高い満足感が得られます。間取りなどにもトレンドを取り入れたインテリアや最新の室内設備が整っています。さらに防犯、防災の点でも最新機器を備えていて、今後の耐久年数も長いことから、長期的な資産価値も期待できます。ただしその分、価格が高止まりになるのが実情です。

一方、中古マンション購入のメリットは、第一に価格が安い、お得感があるという点でしょう。購入後、自分達のライフスタイルや個人の趣味などに合わせて間取りなどをリフォームすることも可能なので、より自分の好みや希望を反映した住まい作りに資金を回すことができます。ただし、気をつけなければならないのが築年数でしょう。特に耐震物件であるかは、とても重要なポイントです。また、老朽化が進んでいると、修繕費用が予想外にかかる場合もあります。価格の数字だけではなく、安いなら安いなりの理由をきちんと把握した上で、資金繰りに無理のないバランスの取れた物件を探しましょう。

住環境やインテリア、間取りなどにこだわりを持つ人には、物件数が多い中古マンションという選択がおすすめです。新築に比べてお得な価格で希望のエリアに住める可能性も高くなりますし、リフォーム次第では新築にはないオリジナルの内装に仕上げることも可能です。新築マンションか中古マンションかどちらがよいのか、満足度という点でどこに重点を置くかは、個々のライフスタイルや価値観で決まります。自分なりのプライオリティーを決めて、心から満足できる住まいを手に入れて下さい。