賃貸よりも将来が安心な中古マンションを

好きな場所に、好きなだけ住み、飽きたら別の場所に引っ越しをすればいい賃貸住まいは便利で気楽です。固定資産税や管理の費用、保守や改修などの手間や費用も不要です。しかし、毎月の家賃を支払い続けても何かが残るわけではありません。一般的に言われる社会的信用という観点からも、マイホームを所有していないというのは不利に働くことも考えられます。けれど新築一戸建てや新築マンションは高嶺の花、と考えている人も少なくないでしょう。そこで中古マンション購入を現実的に考えてみるのもいいでしょう。

毎月支払っている家賃をずっと支払続けても、何も残らないことが現実です。利便性の良い地域に住んでいれば、家賃は住宅ローンより高いことがほとんどです。仮に毎月8万円の家賃を支払っている場合、1年間で96万円、20年間で1920万円にもなります。さらに更新料を2年に一度、家賃の1か月分支払っている場合は80万円が加算されますし、賃料の値上げもあるかもしれません。好きな場所に引っ越すとなると、新たに敷金、礼金がかかり、引っ越し費用も発生します。

では、中古マンションを購入することを考えた場合はどうでしょう。少しその地域から離れたとしても、支払っている家賃にボーナス月の増額返済をすれば購入できる物件もあるのではないでしょうか。駅からの距離、広さ、築年数などの条件をゆるくすると、同じ地域でも充分購入することが可能な中古マンションがあります。誰かのために支払う賃料ではなく、自分の住まいのために支払うローンのほうが、前向きな気持ちになれるかもしれません。