独身女性がマンションを購入するには

女性の社会進出も活発になっている現代、一昔前よりも独身女性がマンションを購入する場合のハードルが低くなっています。以前は、結婚しないでキャリアウーマンとして生きていく覚悟を決めた女性が、マンションを購入するというイメージが強かったかもしれません。しかし最近は、賃貸の家賃更新時にいろいろ調べた結果、家賃とあまり変わらない月々の支払いでマンションを購入できるとわかって、マンション購入に踏み切るケースも見られます。では、独身女性がマンションを購入する際、どういった点に留意すればよいのでしょうか。

まずは、新築か中古か、についてです。多くの女性は、新築マンションを希望する傾向にありますが、いつかは結婚するかもしれない、仕事が変わるかもしれないなど、ライフスタイルが変化する可能性のある場合は、中古マンションが賢明です。なぜなら新築は、一旦住んでしまうとすぐに資産価値が下がってしまうからです。一方、中古マンションの資産価値は緩やかにしか下がらないため、将来的に売却することを考えると、購入時との差が少ない中古マンションの方がよいと言えるでしょう。

もうひとつ重要なのが、住環境です。単身で住む場合は、駅までの近さやターミナル駅までのアクセスのよさなど、利便性に優れたコンパクトタイプのマンションが適しています。郊外の大型マンションは、どうしてもファミリー層が多くなるため、生活時間がズレたり、子どもたちの声で休日もゆっくりできなかったりと、不満に思うことも出やすくなります。
こうしたことを踏まえて、独身女性が住みやすいエリアで生活しやすいタイプの中古マンションを探していくと、充実したシングルライフを送れるマンションとの出会いが期待できるでしょう。